会社概要

会社案内

社名
木曽精機 株式会社
代表者
代表取締役 下澤 孝洋
本社所在地
〒397-0001
長野県木曽郡木曽町福島1580番地
TEL. 0264-23-2136
FAX. 0264-24-2356
資本金
6000万円(資本系列 帝国通信工業株式会社 100%)
設立
1974年5月
従業員数
60名(2020年4月現在)
平均年齢
37歳
平均勤続年数
16年
取引銀行
八十二銀行 福島支店
事業内容
精密挽物部品製造
(棒材加工に特化)

事業内容

精密複合NC自動旋盤による金属加工、販売

取引先10業種、100社により景気の変動に左右されにくい安定した受注量の確保

人財力を核に多品種、小・中ロット生産により更なる技術力の向上

沿 革

1974年05月
(昭和49年)
資本金3,000万円で、帝国通信工業株式会社の関連会社として設立
可変抵抗器用挽物部品の生産を開始
1975年11月
資本金6,000万円に増資
1979年08月
コンピューター・端末機を導入
1980年09月
木曽精機の協力工場として、敷地内に梓精機(有)を誘致
1981年05月
NC自動旋盤の導入(NT-10)
    12月
新事務所を設立
1984年10月
第二工場、新事務所(2階)を新設
1985年05月
コンピューターN6300モデル55を導入
1987年06月
超音波自動洗浄機を導入(脱フロン系)
 
外販活動開始(帝通グループ外へ直接取引)
1988年07月
三次元測定機を導入
1989年10月
(平成元年)
ターニングセンターを導入
    11月
NC自動旋盤50台目として、BNC-34Sを導入
1991年09月
NC自動旋盤FL3TPを導入
    11月
NC自動旋盤60台目として、NP-32Ⅱを導入
1995年05月
製品出荷場所増設
1997年01月
NC自動旋盤70台目として、B018を導入
1998年07月
NC自動旋盤80台目として、BS-32を導入
2002年01月
空調設備増設・更新
高圧受電設備更新
2003年01月
輪郭形状測定器購入(CV-4000S)
    12月
第1工場棟増築工事
NC自動旋盤87台目としてBNJ-34Sを導入
環境改善 オイルミスト収集器全台設置
2004年01月
超音波自動洗浄機を導入 (脱塩素系)
    05月
NC自動旋盤90台目として、ECAS-20を導入
    08月
工場棟電気配線全面更新
2005年03月
NC自動旋盤93台目として、BNJ-42SYを導入
    05月
NC自動旋盤94台目として、ECAS-20を導入
    12月
新材料倉庫増改築、駐車場・工場敷地造成
2006年01月
NC自動旋盤BNJ-34SY 2台
BNJ-42SY 1台を導入
    11月
NC自動旋盤BNJ-34SY 1台を導入
NC自動旋盤BW20 2台を導入(累計100台目)
2007年03月
超硬工具研削盤CTG4を導入
    04月
新生産管理(総合)システム運用開始
    05月
NC自動旋盤BW20 2台を導入
    06月
NC自動旋盤BE20 3台を導入
    07月
NC自動旋盤BNJ-34SY 1台
BNJ-42SY 1台を導入
2008年05月
玄関新装工事完成
    06月
NC自動旋盤SR-20J 3台を導入(累計110台目)
NC自動旋盤BNJ-34SY 1台
BNJ-42SY 1台を導入
    09月
CNCベンチレースEBN 1台を導入
2011年07月
NC自動旋盤BNA-34DHY 3台を導入
NC自動旋盤SR-20J 2台を導入
    09月  
NC自動旋盤SR-10J 3台を導入(累計120台目)
2012年07月
NC自動旋盤B018 1台を導入
2013年05月
CNC自動旋盤B0206 3台を導入
CNC自動旋盤BNA42DHY 2台を導入
2014年07月
CNC自動旋盤SS267 1台を導入
CNC自動旋盤BNA42S 1台を導入
2016年06月
CNC自動旋盤BNJ51SY 1台を導入
CNC自動旋盤SR-38 1台を導入(累計130台目)
    12月
第二工場屋根二重化完成
2017年02月
電灯関係オールLED化完成
    06月
CNC自動旋盤BNA42S 1台を導入
CNC自動旋盤SB-20R 1台を導入
CNC自動旋盤S206 1台を導入
    07月
CNC自動旋盤B0125-Ⅲ 1台を導入
2018年04月
CNC自動旋盤BS-18 1台を導入
    06月
CNC自動旋盤BNA42S 1台を導入(累計136台目)
2020年12月末
~ 新本社・工場 完成 ~
  木曽町福島 田尻1580